HDDの修理


スポンサードリンク
hddを修理することは、ハードエラーの場合は、専門の業者に頼むしかありませんが、
パソコンを立ち上げた場合に、うんともすんとも反応しないで立ち上がらない場合、
通常はhddの故障と考えますが、hddの修理を考える前に、故障箇所を切り分けすることが大事です。

故障箇所の切り分けとは、パソコンが起動しない原因が何であるかを特定する作業です。

故障箇所の切り分けはパソコンを2台お持ちで無ければ出来ないことですが、
とりあえず立ち上がらないパソコンからhddを外して、
他のパソコンをセカンダリーディスクとして接続し、動作確認を行なって、
hddの中身が読めるかどうか確認します。ここでhddの内容が読めれば、
hddの修理をする前に、データの退避を行なって、とりあえずhddのデータを確保します。

USBで接続できる外部HDDのケースも格安で売っていますので、
このようなものを使って、正常に動いているパソコンに接続してみるのが
いいでしょう。

この手のパーツを一つ持っていると便利ですよ。


仮に一時的に読めたとしても、hddのハードエラーがある場合は、
そのhddに書き込みや読み込み操作を繰り返すと、データ破壊を拡大させることになりますから、
hddの内容がエクスプローラーなどで認識できた時点で、
早急にhddの必要なデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。

その後hddの修理になりますが、ウインドウズであれば、
OSのユーティティであるチェックディスクやhddの最適化を試みてみることです。

この作業を行なった時点で、エラーメッセージが多数表示されるようでは、
hddのハードエラーが考えられますから、それ以上はそのhddを使わず取り外すか、
初期化して同じようにチェックディスクやhddの最適化を試みて問題が無ければ、
セカンダリーのhddとして使うことも出来ますが、あまりお勧めする事はできません。

一旦不具合が出たhddの故障は、必ず再発の可能性がありますから、
大事なデータ保存用に使うのは避けるべきです。退避したデータは、
別のhddに移行して、内容確認の上で問題がなければ、まずは一安心と言う事になりますが、
そうでない場合は、データ復旧ソフトを使用してデータ復旧を試みるか、
専門の業者にhddのデータ復旧を依頼するかしかありませんが、
専門の業者に依頼するほうが確実です。

ただし費用は高くつきますが、重要なデータであればしょうがありません。

原則的にはhddの寿命はせいぜい4年が限度と考えて、
定期的な入れ替えを考えるほうが無難です。

重要なデータを取り扱うのであれば、データのバックアップはこまめに行い、
CDやDVDに保存する事が望ましいと言えます。hddの修理が出来たとしても、
データが完全に復旧するとは限りませんから、
何より外部デバイスに重要なデータのバックアップをすることが、無難と言えます。

タグ:HDD修復
posted by HDD修復 | Comment(0)   TrackBack(0) | HDD修復

hdd修復の為に普段できること


スポンサードリンク
hddから読めなくなった時に、hdd修復の確率を上げるためには、
普段何かできることがあるのだろうか?


hddに書くデータは、データの位置を管理するfatという領域と、
実際のデータ領域とが分かれている。

データ領域が無事でもfatが壊れてしまうと読み出すことができなくなる。
逆に、fatが壊れてしまうと、データ領域が無傷でも読み書きすることは
できなくなる。

そう、fatと実データには親密な関係があるのである。


hddに書くデータは全てが連続してかかれるわけではない。

どういうことかといえば、10文字かくのに、10文字書ける連続した
領域が欲しいわけではない。
2文字分の空領域、1文字分の空領域、5文字分の空領域と、隙間を探して、
合計で10文字分の空領域があれば、データは書けるのである。

この、データをどこに書いているのかを管理するのがfatである。


もしなんらかしらの理由でfatが壊れてしまったときに
データが先の説明のように、不連続であったならば、データを復元するのは、
とても難しい。

これが、連続した領域に書いてあれば、それだけデータを拾いやすくなる。

この連続した領域の確保こそ、日々、私たちができる作業である。


実際にどうやるのかといえば、Windowsで標準に持っている、
デフラグを実行すればよいのである。

デフラグと書いて、ちょっと待て・・・今は・・・・

そう、最適化をすればよいのである。


hddの最適化はデータを書いてある容量によって左右される。

もしあなたが社会人だったら、お昼休みに実行すればよいだろう。

自宅なら、お風呂に入っている時や、眠っているときなど、
ある程度の時間を確保できるときに実行してあげたい。


デフラグ(最適化)は頻繁に行いましょう。

そうすることで、hdd修復の可能性が高まること間違いない。



posted by HDD修復 | Comment(0)   TrackBack(0) | HDD修復

HDDから転ばぬ先のバックアップ


スポンサードリンク
ハードディスク(HDD)は消耗品です。と最初に述べている通り、必ず壊れます。

しかも、大切なデータほど、また、忙しい時ほど壊れる確率が高いとも言われます。


では、壊れる前の手立てを考えておく必要がありますね。


一昔前は、

 ■フロッピーにバックアップした。(何時の時代だよ・・・)
 ■MOやCD-RWにバックアップした。
   ※毎回、バックアップする手間と、バックアップ容量が小さい。
 ■DATというテープにバックアップした。
  ※持っている人が少ないことと、今となってはバックアップ容量が小さい。
   私もDDS4という20GBまでのバックアップテープを使っていますが、
   ハードディスクの容量は既に・・・・●●●GB、下手すると●●TB。
   とても追いつきません。

というバックアップが一般的でした。


しかし、今の大容量ハードディスクをバックアップするのには、役不足が否めません。

では、ハードディスク(HDD)でバックアップするのがよさそうです。

だいたい3パターンに分かれることでしょう。

 ■ハードディスク(HDD)のミラーリング
  ミラーリングカードといわれるものが必要となります。(3000円〜)
  2台のハードディスク(HDD)にミラーリングカードを経由して同じデータを
  書き込みます。
  1台が故障した場合、もう1台のデータから新しいハードディスク(HDD)に
  データをコピーする事が可能です。
  緊急の場合は、残った1台のハードディスク(HDD)で作業を進めることも可能です。

 ■バックアップ用のハードディスクを準備する。
  上と同じ事をしたいのですが、ミラーリングではなく、パソコンの外付けハードディスク(HDD)を
  購入して、自分でコピーする方法です。
  手軽なのですが、コピーすることを忘れてしまったり、作業が終わった後、コピーする時間が
  かかったりします。
  最大の欠点は、元のパソコンのデータとコピー先の外付けハードディスク(HDD)のデータが
  きちんと整合性が取れているのか?です。
  そのため、ソフトを使ってコピーする方法が良いでしょう。
  私は、会社でデータの2重バックアップのためにrsyncというソフトを使っています。

  でも、できるならミラーリングのほうが手間が無くてよいですよ。

 ■Raid5のハードディスクを購入する。
  突然、意味が分からないRaid5が出てきました。
  ハードディスクにデータを記録する規格と思ってください。
 (ミラーリングは、Raid1)

  最低3本のハードディスクが必要で、ハードディスクとやり取りするためのRaidカードも必要です。

  パリティ付ストライプセットという書き込みを行い、データを一つのハードディスク(HDD)ではなく、
  分散して書き込みます。その時、データの妥当性をチェックするためのパリティも一緒に
  書き込むことで、もし、1本のハードディスク(HDD)が故障しても、残りの2本で問題なく
  作業を継続する事が、出来ます。

  基本的には、会社のサーバで使われているのが多いでしょう。

  でも、自宅でも使っている人を知っています。

  バッファローからテラステーションが販売されていますが、
  値段がネックです。


だいたいの人は、バックアップすらしていないでしょう。


最近は、写真データなどもありハードディスク(HDD)に入っているデータは昔に比べると
とても大切でかけがえの無いものが多くなっていると思います。


この機会にバックアップに思いをはせてみてはいかがでしょうか。


posted by HDD修復 | Comment(0)   TrackBack(1) | HDD修復
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。